ページの先頭です

観光スポット

間人蟹

幻のカニとして名を轟かせる間人ガニ

間人ガニ(たいざがに)とは、山陰地方(島根、鳥取、兵庫、京都)の特産である松葉ガニの中でも、都北部の丹後半島・間人港(たいざこう)に水揚げされるものだけに与えられる名前です。

京都府の最北端経ヶ岬の沖合いを漁場として日帰りで漁をし、獲ったその日に帰港して競りにかけられ食膳に出される間人ガニ(たいざがに)。 その驚くべき鮮度と極上の肉質から、テレビ番組「どっちの料理ショー」でも とり上げられた逸品です。

身詰まりも申し分なく“ほかの蟹とは格が違う” “一度食べたら忘れられない”と賞賛され著名人・料理人にも多くのファンを 持ちますが、わずか5隻の小型船で操業する間人ガニ(たいざがに)は安定し た水揚げが保証できないため数に限りがあり、幻のカニとして珍重されていま す。

写真

地図 MAP