ページの先頭です

観光スポット

間人皇后(はしうどこうごう)・聖徳太子母子像

優しき土地に名を贈った聖徳太子の母

後ヶ浜(のちがはま)海岸に、やさしげに幼い太子に寄り添う皇后様の像が、日本海を見つめて佇んでいます。

聖徳太子の母・間人(はしうど)皇后は、『蘇我・物部の戦い』として知られる大和政権の争乱の折、その混乱を避ける為に今の間人に当たる『大浜の里』に身を寄せました。

その際の里の人々の手厚いもてなしに感動した皇后は、お礼に『間人』の名をその地に残されましたが、 「皇后様の御名を口にするのは恐れ多い」と考えた里の民は、皇后のこの地を『退座』なされた事にちなみ読みを『たいざ』とした、と言われています。

写真

地図 MAP